消費者金融や銀行で在籍確認の電話がこないとこは?

在籍確認の電話ない

金融業者や金融機関から融資を受けるためには、当然返済能力が無ければ審査に通過することは出来ず、継続的に安定した収入を得ていることが最低条件の一つとなります。

現在多くの人が利用している消費者金融、また銀行系カードローンなども確かに気軽に借入することができ、正社員で無くとも派遣会社の社員や、アルバイト、パートなどでも申し込み可能なのですが、審査が甘く誰でも簡単に通過出来るワケではありません。

審査では本人から提示された申込書と信用機関に記録されている信用情報を基にして念入りな審査を行い、この審査通過後に在籍確認電話が行われます。

申込書には自分が働いている職場と、その勤務先電話番号が書かれていますが、審査担当者からしてみれば、その記載されている職場で本人が本当に働いているのか確認することが出来ません。

そのための在籍確認電話であり、職場へ電話連絡し、そこに在籍しているのかの本人確認を行います。

キャッシングへ申し込みをした事実を職場の人に知られないようにするため、在籍確認電話は個人名で電話をしますのでバレてしまうことは無いのですが、中には個人名でも抵抗がある方も多くいらっしゃいます。

基本的には在籍確認の電話は避けることは出来ませんが、金融業者の中には社員証や会社の社会保険証などを提示することで、在籍確認なしで申し込み出来る業者もあります。

しかし、この在籍確認電話で会社にバレること無くお金を借りることが出来たとしても、返済期日を超過したり延滞することで、何度も個人名で会社に連絡が来て、勘付かれしまうことがありますのでご注意ください。

また会社だけではなく、自宅で一緒に住んでいる家族に知られてしまうケースがあります。

ネット申し込みだけですと、契約書類やローンカードが郵送で送られてくるため、黙って申し込みをしてもバレてしまう可能性があります。

そんな時には、ネット申し込み後に自動契約機へ出向くことで、その場で全ての書類やカードが発行されることから、家の人にも知られること無く借入が可能になります。